新電力プランを比較して電気代の節約!?電力会社の比較ポイントを分かりやすくご紹介!

このサイトでは新電力プランに変更する際の比較ポイントについて紹介していきます。
大手電力会社から新電力に変更しようと検討している方が結構いるはずです。
ただ、上手く節約するためには、正しい知識を持って、よく比較した上で決めることが求められます。
電力自由化によって選択肢が一気に多くなりましたが、それを活かすためには正しい知識がないといけません。
比較する際の重視するべきポイントが分かっているかによって、結果がかなり変わります。

新電力プランを比較して電気代の節約!?電力会社の比較ポイントを分かりやすくご紹介!

従来の大手電力会社から新電力に変更する時の比較ポイントは、やはり料金が本当に安く抑えられるかです。
節約のために電力会社を変更する方が多いので、安くならないのであれば意味がありません。
また、インターネットやガスなどとのセット割があるとお得です。
一緒に契約することで、電気料金が安くなるので、節約が目的ならばセット割であることも重視してみてください。
他には解約時の違約金が発生するか、サポート体制などもチェックするべきです。

電力会社の民営化に伴い登場!?新電力は電気代の節約効果への期待も

2016年から電力会社が全面的に民営化されて、地元の大手電力会社だけでなく、様々な選択肢の中から選ぶことができるようになったことは多くの方が知っているはずです。
新電力が参入したことにより、電気代を節約できるので人気が高くなっています。
基本料金だけでも安くなりますが、ガスやインターネットなどとのセット割で契約するのがおすすめです。
新電力は品質に問題があるのではないかと感じるかもしれませんが、大手電力会社が発電したものと同じ電力を使用するので、品質に差は全くありません。
大手から変更したからといって停電が頻繁に起こるわけではないので、安心して利用できます。
注意点はライフスタイルに合ったプランを選ぶことです。
夜間に電気を多く使用する方であれば、夜間の電気が安くなるプランを選ぶべきです。
魅力的なプランだと思って契約したが、夜間の電気代が高いため、逆に高くなってしまうケースがあるので気をつけてください。

電力会社を選ぶときには供給エリア・料金プラン・支払方法の3つを確認

電力会社を決める時には、供給エリアと料金プランと支払方法の3つを確認しておく必要があります。
電力会社には、契約していても提供していないエリアも存在しますので気になっている業者がある場合には自宅が太陽になっているかを選びましょう。
電力会社を選ぶ際、料金プランを選ぶのも重要です。
重点的に使う時間は、ライフスタイルによっても異なりますので自分のライフスタイルに合ったプランのある業者を選ぶのがポイントです。
昼型なのか夜型なのか、外出することが多くてあまり自宅にいないのかでも変わってきますのでまずは自分のライフタイルを確認してシミュレーションするのがお勧めです。
電力会社では、支払方法も長く支払うことになrので確認しておくのをお勧めします。
電子マネーやクレジットカードやコンビニ払いなど、種類が多いほうがよりいろいろなライフスタイルに対応させやすいです。
毎月カード払いなら、ポイントもたまってお得に支払いができます。

電力会社の料金プランにはどのようなものがある?

昨今では、消費者自身で電力会社を選んで自由に電気を購入できる環境となりました。
これは2010年の電力自由化の恩恵であり、家族のライフスタイルに合わせた料金プランを選んで賢く活用をすることが可能です。
2021年現在で計500もの電力会社があり、それぞれ特性を持たせたプランを用意されています。
簡単にその特徴を見ていくと、夜間割引というものがあり、昼間の電気代金は相場よりも1.4倍ほど高くなる代わりに、夜は大幅な値下げを実施しているものです。
また住まいサポートという特典を用意されているところもあって、住居内の水漏れ・配管詰まりやエアコンクリーニングサービスを活用することも可能になっています。
料金プランを上手く組み合わせると、以前の固定化時代とは大幅にお得な料金で電気を使うことが可能です。
電力会社を乗り換えるときは、ライフスタイルに合わせた契約が出来る所を探すようにすると、よりお得になるものです。

従量電灯プランは多くの電力会社が採用している一般的な料金プラン

電気量金の決まり方には、電気料金が固定されている「定額制」や、電気を使う時間によって値段が変わるものなど、電力会社によってさまざまな種類があります。
その中で最も一般的なものに「従量電灯プラン」があります。
簡単に説明すると、電気の使用量に応じて電気量が加算される料金プランになります。
より具体的には、まず使用料に関係なく「基本料金」を設定している電力会社が多く、「基本料金」+「使用料」が実際に支払う金額となります。
そしてこの「使用料」も使った電力に比例して増え続けるわけではなく、ある一定の使用量ごとに値段が上がっていくのが普通で、通常は3段階で値段が上がっていきます。
なぜ始めは安く設定されているのかというと、最低限度の生活を国民が送れるように、必要最小限の電力量は安くおさえてくれているのです。
しかし2016年の電力自由化により、これまでのような複雑なプラン以外にも、シンプルな1段階のみのプランや、基本料0円などのプランも存在します。

著者:服部昇三

筆者プロフィール

佐賀県佐賀市生まれ。
大学卒業後電力会社に就職。
自分の経験と知識をもとに電力会社に関するお得情報を発信中。
電力会社 佐賀